人気がある理由と利用目的を明確にしておこう

二種類の手術

目元

なりたい目元やまぶたの状態から手術を選ぶ

生まれつき一重まぶたの人でも、美容整形で二重を作れば目つきが明るくなってチャーミングに変身します。まぶたを切開しない埋没法(クイック法)ならメイク感覚でできるのでとても簡単です。埋没法では目を開けたときに理想の二重まぶたになるように、まぶたに糸を埋め込む整形です。まぶたの裏側から糸を通すので、表面に傷跡が残ることはなく薄い一重の人、奥二重の人に向いています。この美容整形にかかる費用は左右で5万円前後が相場で、お財布に優しいのも魅力です。まぶたの脂肪がうまれつき厚い人には、切開法というメスを使用する美容整形が向いています。切開法ではまぶたについた余分な脂肪を除去することができて、腫れぼったいまぶたがすっきりとする整形です。そして脂肪を取ったあとにまぶたを切開して、希望に応じた形でひだを形成していきます。埋没法は手軽で費用もお手頃ですが、糸が取れたり切れたりする場合があります。逆に切開法は切開するので多少リスクがありますが、半永久的な効果が得られるのがメリットです。また、切開法なら外国人のようにくっきりとした二重のひだも作れます。切開法は多少ダウンタイムがあっても、一生ぱっちり二重のまま過ごしたいという人に最適です。

どんな二重の美容整形をするかは、自分のまぶたの状態やなりたい二重まぶたの希望を考慮して決める必要があります。もともと薄く二重のラインがまぶたにある人なら、費用もお手頃でリスクが少ない埋没法で十分効果が期待できます。もともとあるラインを深くすればいいだけで、出来栄えもナチュラルです。埋没法はまぶたの脂肪があまりない人にも適しています。脂肪が少なければ、埋め込んだ糸に負担がかかって切れたり取れたりするリスクが少なくなるからです。埋没法の費用は15万円前後で、カウンセリングの結果次第で5万円以下でも手術ができます。逆にまぶたの脂肪が多くて腫れぼったい一重まぶたの人向けの美容整形が切開法です。まぶたについた皮下脂肪が多いと埋没法をしても元に戻ってしまうリスクが付きまといます。しかし、切開法なら糸で縫合してくっつける美容整形なので、取れて一重まぶたに戻ってしまうことはありません。ただし切開を伴う美容整形手術なので、確かな技術力とセンス、経験値がある医師に執刀してもらうことが大切です。切開法の手術費用の相場は30万円前後で、埋没法よりも高額です。しかし抜糸後まぶたの腫れが引いて落ち着けば、自然ではっきりとした二重になります。

Copyright© 2019 人気がある理由と利用目的を明確にしておこう All Rights Reserved.